自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

詩集を自費出版で出すメリット

詩集を自費出版で出すメリット 詩という表現形式は古くからあり、名作も多く生まれています。
ですが、現在ではあまりにもシンプルすぎる表現形式のためか、かなり知名度のある作家のものでないと出版されることは難しいようです。
多くの作家は文字を壁のようにして表現を重圧にしていきますが、詩は逆に必要最小限まで余分と思われる部分をそぎ落とし、少ない文字数であらゆるものを表現します。
自費出版の自由な部分は、作家本来の表現が何の縛りもなくできることです。
それは詩集という形でも同様な感動を読者に与えることが可能になります。
もちろん技術的な手法や文章力も必要になってきます。
作家にとっては文字数の少なさに、金額的なメリットも出てくるでしょう。
自費出版ならではの制限のない表現ができれば、自分の本来の才能以上のものを生み出すことも可能です。
詩人は自分の中に、いつも熱い思いを持っています。
逆に、熱い思いを持っている人はいつでも詩人になれます。
いつかは自分も詩集を出版する、という目標を持ってみるのもいいかもしれません。

詩集を自費出版で出すときの注意点

詩集を自費出版で出すときの注意点 詩集を自費出版で出す時にはいくつかの注意事項がありますので、それらをよく守りましょう。
自費出版はとても自由な出版のスタイルです。
既存の出版よりも自由な形式で作品で世の中に送り出せます。
しかし、自由には必ず同等の責任が伴います。
第一の注意事項として確認しておきたいのが、他人の名誉を傷つけるポエムはいけません。
将来的にトラブルへ発展する事を言わば覚悟して、特定の対象を批判するポエムを自費出版で世の中に発表する、そういった狙いがあるなら別ですが、いわゆる普通に詩集を多くの人々に見てもらいたい、と感じている方は他人の名誉をいたずらに傷付ける内容のポエムは挿入しないように心がけましょう。
また他人の著作物をそのまま無断で転載するのもNGです。
自分の家族の写真だから、同じポエム仲間の作品だからという理由があったとしても、本人の了承を得ずに自費出版の作品に挿入すれば、後で権利をめぐるトラブルになりかねません。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 詩集」
に関連するツイート
Twitter

「文学界に彗星の如く現れた期待の新鋭なんつって 先月出版された詩集も好評で…ねえ!?あなた」「おいおい諒子よさないか 人様にお聞かせするよーな話じゃないよ」(『パセリを摘みに』)

鎌倉の出版社・港の人から出た今唯ケンタロウの詩集「意識の瑪瑙」。 ポップでリズミカルに、詩(死)を手玉にとる。重苦しいはずの瑪瑙を、軽やかな言葉でコーティングする。イメージは朝までダンスを続ける。疲れ果てても眠らない、磨き続ける意識の瑪瑙。詩って愛らしくて楽しいんだ、と気づいた。 pic.twitter.com/Gcs184MD9C

Twitterかせ,けんいち(鎌倉詩人)@kamakura_shijin

返信 リツイート1 0:20

決して声に出して呼んではいけない詩があるという。童謡作家としても知られる詩人、西条八十が出版した詩集「砂金」に収録されている「トミノの地獄」という作品がそれだ。内容は、トミノという少年が地獄を旅するというもの。黙読までならかまわないが声に出して読むと凶事が起こるといわれている。

RT @donadona958: 今年は伊藤整没後50年。 何か催しや出版など動きはあるでしょうか。 数年前、夏葉社さんから『近代日本の文学史』が出たのは驚いた。 でも整の小説や詩は新刊では買えない。自伝風小説『若い詩人の肖像』。初期文学時代の『街と村』、短篇「生物祭」、詩集『…

ほっちゃんの詩集最初同人で火ついて後に出版社から出てアニメになって実写化されてなんと推しメン本人が出演するという奇跡のシンデレラストーリー

【明治中・後期】田山は、島崎藤村が『若菜集』を刊行した明治三十年に国木田独歩・柳田國男らと共に『抒情詩』という詩華集を刊行し、『若菜集』と共に、この時代のロマンチシズムを代表する詩集となります。その後、出版社の編集員となり、この仕事が彼の地位を安定させるものとなりました。

ハンドメイド活動もそうかな。元々立体は短大の進級制作と卒業制作でやったけど、買ってもらうって言うより、個展とか見てもらうって意識が強かった。展示できるお店を探しに行ったり…。 詩集は自費出版したんだった、忘れてた。

【トミノの地獄】決して声に出して呼んではいけない詩があるという。童謡作家としても知られる詩人、西条八十が出版した詩集「砂金」に収録されている「トミノの地獄」という作品がそれだ。内容は、トミノという少年が地獄を旅するというもの。声に出して読むと凶事が起こるといわれている。

Twitter都市伝説まとめったー@toshimatome

返信 リツイート 昨日 19:29

RT @jdocs: 【テレビ】2/10(日)Eテレ 5時 こころの時代「詩人 尹東柱を読み継ぐ人びと」 詩人、尹東柱(ユンドンジュ)。1917年に北間島で生まれる。1945年、福岡刑務所で獄死。死後に出版された詩集『空と風と星と詩』は韓国でロングセラーになった。 再2/16(…

誉のスマホに出る東さん、誉が詩集出してる出版社の人たちにひっそり有栖川先生の奥さんって呼ばれている