自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

詩集を自費出版で出すメリット

詩集を自費出版で出すメリット 詩という表現形式は古くからあり、名作も多く生まれています。
ですが、現在ではあまりにもシンプルすぎる表現形式のためか、かなり知名度のある作家のものでないと出版されることは難しいようです。
多くの作家は文字を壁のようにして表現を重圧にしていきますが、詩は逆に必要最小限まで余分と思われる部分をそぎ落とし、少ない文字数であらゆるものを表現します。
自費出版の自由な部分は、作家本来の表現が何の縛りもなくできることです。
それは詩集という形でも同様な感動を読者に与えることが可能になります。
もちろん技術的な手法や文章力も必要になってきます。
作家にとっては文字数の少なさに、金額的なメリットも出てくるでしょう。
自費出版ならではの制限のない表現ができれば、自分の本来の才能以上のものを生み出すことも可能です。
詩人は自分の中に、いつも熱い思いを持っています。
逆に、熱い思いを持っている人はいつでも詩人になれます。
いつかは自分も詩集を出版する、という目標を持ってみるのもいいかもしれません。

詩集を自費出版で出すときの注意点

詩集を自費出版で出すときの注意点 詩集を自費出版で出す時にはいくつかの注意事項がありますので、それらをよく守りましょう。
自費出版はとても自由な出版のスタイルです。
既存の出版よりも自由な形式で作品で世の中に送り出せます。
しかし、自由には必ず同等の責任が伴います。
第一の注意事項として確認しておきたいのが、他人の名誉を傷つけるポエムはいけません。
将来的にトラブルへ発展する事を言わば覚悟して、特定の対象を批判するポエムを自費出版で世の中に発表する、そういった狙いがあるなら別ですが、いわゆる普通に詩集を多くの人々に見てもらいたい、と感じている方は他人の名誉をいたずらに傷付ける内容のポエムは挿入しないように心がけましょう。
また他人の著作物をそのまま無断で転載するのもNGです。
自分の家族の写真だから、同じポエム仲間の作品だからという理由があったとしても、本人の了承を得ずに自費出版の作品に挿入すれば、後で権利をめぐるトラブルになりかねません。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 詩集」
に関連するツイート
Twitter

おやおや??😰 ASKA兄さん、散文詩を纏めた詩集出版するの?? こりゃまた嬉しゅうございますな。😁 で、ライブの1曲目は、、、。 「そう来たか~!!」と思わせたい模様。😁 「待っていてください、お待ちしています。」ってASKA兄さん。 「待たせたね~🎶」を期待しますからね??👊😁

Twitterjhage大葉(C&Aリスペクタ-)@jhageoh

返信 リツイート 12:32

95年前の1924年1月20日、宮沢賢治は『春と修羅「序」』を書いた。出版を考えてのこと。同年4月賢治は詩集『春と修羅』を自費出版した。#宮沢賢治 #春と修羅

詩人「僕の詩集出版してくれないかな」 編集者「うーん。君の作品はお世辞でもいいものとは言えないからな」 詩人「でも、最近僕の詩の読者は、確実に2倍は増えたんだぞ」 編集者「あ、知らなかった。いつ結婚したの?」

返信先:@maeda_kanro 甘露さん 今年もよろしくお願いします! 大吉すごいですね!今年も期待しちゃいます!また第2弾で詩集出版して欲しいですね〜

【本日 要予約】1月20日(日)13:00~夏葉社 島田潤一郎+Saudade Books アサノタカオ 出版のこと。本のこと。そして時々、詩集のこと。 七月堂古書部(明大前駅)shichigatsudo.blog.fc2.com/blog-entry-150… pic.twitter.com/JdrJDdYGAW

詩人「僕の詩集出版してくれないかな」 編集者「うーん。君の作品はお世辞でもいいものとは言えないからな」 詩人「でも、最近僕の詩の読者は、確実に2倍は増えたんだぞ」 編集者「あ、知らなかった。いつ結婚したの?」

Twitterブラックジョークの方程式@msnorigin

返信 リツイート 1:23

悪の華がなんだと言いながら、最も好きな詩集はヴェルレーヌの『土星人の歌』なのですが、自費出版で僅かな数しか刷られなかったこの書を贈呈された当代の大詩人であるユゴーが「僕の日没が君の夜明けに敬礼する。この暗黒な大世界における君こそは光明だ」と返礼したエピソードが大好き。

その他持っていくもの 今回はファンタジージャンルで出ることもあり、 小説『光る骨の剣』文庫版/62p/¥300 昨年完結できたもう一方の小説。遊びで文庫本で出していこうかなと… 詩集『意識の瑪瑙』(出版:港の人)72p/¥1300 手元に残る2、3部売ります。実物見たい人どうぞ。#文学フリマ #文フリ京都 pic.twitter.com/cU86eeMRED

RT @hachibookcenter: 【紙から本ができるまで展2018】八戸出身の詩人・村次郎の、新たに出版された選詩集『もう一人の吾行くごとし秋の風』ができるまでの過程を展示するギャラリー展を開催中。八戸の海岸の歴史や三菱製紙八戸工場の歩みとともに、村次郎の生涯も知ること…

Twitter八戸ブックセンター/本のまち八戸@hachibookcenter

返信 リツイート 昨日 19:59

今日行った古本屋で立風書房から出版された寺山の詩集を見つけて購入。没後 に再編集されたものだけど、初版だし状態良い。もう数えきれない程寺山の本があるけど、持ってない本を見つける度、幸せな気持ちになる。あと、探していた萩耿介の本も買えた。面白そう。さてどっちから読むか。