自費出版で夢のベストセラー!

自費出版のいろは

詩集を自費出版で出すメリット

詩集を自費出版で出すメリット 詩という表現形式は古くからあり、名作も多く生まれています。
ですが、現在ではあまりにもシンプルすぎる表現形式のためか、かなり知名度のある作家のものでないと出版されることは難しいようです。
多くの作家は文字を壁のようにして表現を重圧にしていきますが、詩は逆に必要最小限まで余分と思われる部分をそぎ落とし、少ない文字数であらゆるものを表現します。
自費出版の自由な部分は、作家本来の表現が何の縛りもなくできることです。
それは詩集という形でも同様な感動を読者に与えることが可能になります。
もちろん技術的な手法や文章力も必要になってきます。
作家にとっては文字数の少なさに、金額的なメリットも出てくるでしょう。
自費出版ならではの制限のない表現ができれば、自分の本来の才能以上のものを生み出すことも可能です。
詩人は自分の中に、いつも熱い思いを持っています。
逆に、熱い思いを持っている人はいつでも詩人になれます。
いつかは自分も詩集を出版する、という目標を持ってみるのもいいかもしれません。

詩集を自費出版で出すときの注意点

詩集を自費出版で出すときの注意点 詩集を自費出版で出す時にはいくつかの注意事項がありますので、それらをよく守りましょう。
自費出版はとても自由な出版のスタイルです。
既存の出版よりも自由な形式で作品で世の中に送り出せます。
しかし、自由には必ず同等の責任が伴います。
第一の注意事項として確認しておきたいのが、他人の名誉を傷つけるポエムはいけません。
将来的にトラブルへ発展する事を言わば覚悟して、特定の対象を批判するポエムを自費出版で世の中に発表する、そういった狙いがあるなら別ですが、いわゆる普通に詩集を多くの人々に見てもらいたい、と感じている方は他人の名誉をいたずらに傷付ける内容のポエムは挿入しないように心がけましょう。
また他人の著作物をそのまま無断で転載するのもNGです。
自分の家族の写真だから、同じポエム仲間の作品だからという理由があったとしても、本人の了承を得ずに自費出版の作品に挿入すれば、後で権利をめぐるトラブルになりかねません。

新着情報

◎2018/2/6

体験記を自費出版
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

詩集を自費出版で出す
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 詩集」
に関連するツイート
Twitter

ポエトリースラムジャパンをずっと応援いただいている、宮尾節子さんの詩集出版に向けたクラウドファンディング です。プロジェクトページのその文章、ずしりときます。 camp-fire.jp/projects/view/…

Twitterポエトリースラムジャパン@poetryslamjapan

返信 リツイート 51分前

返信先:@nomobi ロマンスは別冊付録、良いタイトルですよね。ただ、この作家さん、他のタイトルもロマンスうんたらなので単にお好きなのかな?とも思いました。ナテジュ作家の詩集売るため、そうなんでしょうか・笑 出版社がスポンサー?色々ってナテジュ作家の本を色々、買われたのですか?

RT @rynsk620: 明大前にある七月堂さんから出版される詩集「ぜんぶ、嘘」(窪島誠一郎 著)の装画を担当しました。 装丁は伊勢功治さんです。どうぞよろしくお願いいたします。 #田中涼子 #銅版画 #装画 pic.twitter.com/VZGFEjLwvU

Twitter臨界極まるahmsad (अहिंसा)@96d69d69d69d6n1

返信 リツイート 12:17

RT @rynsk620: 明大前にある七月堂さんから出版される詩集「ぜんぶ、嘘」(窪島誠一郎 著)の装画を担当しました。 装丁は伊勢功治さんです。どうぞよろしくお願いいたします。 #田中涼子 #銅版画 #装画 pic.twitter.com/VZGFEjLwvU

TwitterArim (ありむ )🐾🍃絵本『猫のペコリ』@ari_m11

返信 リツイート 12:17

「文学界に彗星の如く現れた期待の新鋭なんつって 先月出版された詩集も好評で…ねえ!?あなた」「おいおい諒子よさないか 人様にお聞かせするよーな話じゃないよ」(『パセリを摘みに』)

返信先:@________tmng まるを強くね?え?もうこれあれよまるを詩集作って出版してみるか?

Twitter𝐨𝐦𝐨𝐜𝐡𝐢@_omoting

返信 リツイート 8:08

【明治中・後期】田山は、島崎藤村が『若菜集』を刊行した明治三十年に国木田独歩・柳田國男らと共に『抒情詩』という詩華集を刊行し、『若菜集』と共に、この時代のロマンチシズムを代表する詩集となります。その後、出版社の編集員となり、この仕事が彼の地位を安定させるものとなりました。

決して声に出して呼んではいけない詩があるという。童謡作家としても知られる詩人、西条八十が出版した詩集「砂金」に収録されている「トミノの地獄」という作品がそれだ。内容は、トミノという少年が地獄を旅するというもの。黙読までならかまわないが声に出して読むと凶事が起こるといわれている。

Twitter✡都市伝説✡@Urban_Myth_

返信 リツイート 1:16

明日の詩集を出すための、出版プロジェクトです! camp-fire.jp/projects/view/…

Twitter岩泉町への定住化を考える会@ijuhigaisha

返信 リツイート 昨日 23:18

今日のかおりさんの個展で、絵本というより詩集かな?があって(ABC出版)やっぱり絵本とか出したいなぁと思う訳で。。今やっている動物オーダー絵の制作が全て終わったら、ちょっとしたものでいいから、ストーリー性あるイラスト描いてみる。 #最初から完成なんて目指さない #少しずつ形になればいい